バストアップする方法とは

バストアップする方法はいったいどんなものがあるのでしょうか?
バストアップにどこまで費用と手間をかけられるか、それは人によって違います。

 

金銭的余裕があれば、美容整体、ジムでの運動、エステティックでのマッサージや食事指導、そして、豊胸手術やヒアルロン酸注射、自分の脂肪を注射するなどの専門家の助けを借りるのが確実な方法です。

 

ただし、豊胸は自由診療、保険適用外であって、実績のある医師に相談して行うので費用は掛かります。

 

そこまで出せないという方は、ホルモンバランスを整え
乳房に栄養を与えるサプリメントを購入して毎日飲む、化粧品、バスト専用のジェルを使ってマッサージをする方法もあります。

 

バストアップだけではなく肌の質感も変化します。

 

後は、動画などを見ながらバストアップに良いといわれているストレッチをしてみるという方法もあります。

大胸筋等バストにつながる筋肉や胸を支える繊維組織であるクーパー靭帯を強化するのも有効な手段です。
やわらかい組織であるバストはそのままでは重力で下がってしまいます。

 

反故のために下着をつけます。
さらしなどで圧迫してしまいますと垂れてくるのです。
ブラジャーをしっかり選ぶということをしていくことも大切です。

 

 

バストアップは生活習慣も正すことが大切です。
月経周期を整えるために食事や睡眠、体の冷え、ストレスに気を配りましょう。

 

三食食べて体を適度に動かすといった当たり前のことをしていくことも身体のラインを整える手法です。
自分でできることとできないことをはっきりさせましょう。


バストアップする方法、まずはは焦らない!

バストアップする方法に気を取られてしまいがちですが、美容には、根気が必要です。
バストアップも然りで、計画性が必要です。

 

皆様は、化粧品を購入して使い切らなかったり、サプリメントを買って飲みきらなかったりしたことはないでしょうか。

 

よくある話ですが、その動機が効果が無いということでしたら、少々問題です。
そんなに急にバストアップできる品物があったら、体にかなり負担がかかるはずです。

 

豊胸術が医師にしかできないのは、その処置によって、受けた人に大きな健康被害を及ぼさないようにするためです。

 

バストアップを自分でコスメや健康食品で行う場合は、自分の身体が今までの状態になれていることを念頭に動くべきです。
不摂生な食事で栄養不足の方は、まずは、胃腸が食品の栄養を吸収することが出来るように休ませるべきです。

 

また、今まで間違った下着のつけ方や、姿勢をとっていた人は、毎日鏡の前で正しくつけているか確認しながら、つける習慣をつけましょう。

 

バストアップに失敗して挫折する人の多くは、間違った方法で何とか胸を大きくしようとするか、高望みしすぎなのです。

 

流石にAカップ以下の人がグラビアアイドルのような身体になりたいと思ったら、エストロゲン注射などをしないとまず無理です。

 

かなりきつい副作用が出ます。
婦人科疾患や、性分化疾患、性同一性障害の人以外は、注射は通常認められていません。
性ホルモンだけではなく、ホルモン系の薬は人の身体の状態を微妙に調節します。

 

通常はそのバランスをとっていくのがバストアップの方法です。
焦っても良い結果は出ないのです。


バストアップする方法の一つである運動について

バストアップする方法の一つに運動がありますが、運動は、体の疲れを取り除く、一見逆に疲れそうですが、私達の身体と心は繋がっています。

 

現代のように、ずっとパソコンやスマートフォンなどをいじっていますと、脳がその光で興奮して自律神経が狂う事があります。

 

脳は食欲やホルモンバランスに関わる指示を出します。
動かすことで疲れをとることアクティブレストといいます。

 

日中にある程度動いておくと睡眠をとりやすくなるので、運動を習慣づけることで、夜間使用するバストアップの化粧品の吸収と細胞の修復が進みます。

 

ただ、あまり運動しすぎるのも考え物です。
ダイエットに良いといわれる水泳、実は、慣れてくるまでは、太ります。水に浮くためには軽い脂肪が必要なのです。筋肉は重いので沈んで泳げないのです。
ただし、本気で泳ぐとバストアップどころか肩幅を増やす、お尻が小さくなるという結果になります。

 

7年は水泳をしていましたが、手に水かきが出来ています。
よく使う場所が発達するのです。でも、バストを使うということは授乳のとき以外はあまりありません。

 

バストアップのための運動をどう考えるかは人によって違いますが、

基本は身体の緊張を解きほぐし、リラックスさせる

 

血行を良くしてバストアップのために必要な栄養や成分を運ぶ

 

クーパー靭帯を鍛える

といった目的となります。

 

 

 

柔軟やストレッチ、ヨガや、太極拳等動きがゆっくりしたものを選んで毎日することが大切です。

ピラティスなどもボディーラインを整えます。とにかくゆっくり、少しずつが大切なポイントです。

 

バストは女性性を示す象徴のひとつです。女性同士で入浴などしますと必ず比較する方が出てきます。エストロゲン分泌によって月経がはじまる12歳ごろに胸が膨らんできます。エストロゲンは卵胞ホルモン、赤ちゃんを妊娠するために働く性ホルモンです。卵巣から出て、バストの乳腺を発達させます。また、筋肉を減少させ、体のラインを丸くします。バストアップをする時にはこのエストロゲンの分泌がひとつの鍵となります。東南アジアのプエラリア、そして大豆イソフラボンは3種あるエストロゲンの働きを活発化させることが知られています。ザクロなどもそうですね。植物エストロゲンといいます。
では、エストロゲンが出ていればバストアップするのでしょうか。違います。エストロゲンは髪の毛を伸ばし整える作用と肌の状態をよくする機能があります。髪の毛は毛量も多く、ホルモンの検査値も問題ないのですが、発育の問題で、体格が女性的ではありません。断髪して男っぽい姿になると確実に少年に間違われます。バストは脂肪と乳腺をクーパー靭帯という繊維が筋肉につなげて形を保ちます。体質的に脂肪がつきにくい人もいます。筋肉はある程度鍛えた方が乳房を支えられるのですが、つきすぎますと鋭角的になってしまいます。水泳と筋肉トレーニングを成長期にしたので全身にくまなく筋肉がついて丸みが無い状態です。救いは胸の位置が高いことと腰回りが細身であることでしょうか。姿勢が整っていればバスト位置もあがりますし、腰の周囲がしっかり絞られていればラインは整います。バストアップをする時には重力に負けないようにクーパー靭帯を鍛え、睡眠を十分にとってタンパク質と適度な脂肪を摂取して、冷えを抜くのがセオリーです。性ホルモンと共に自律神経や骨格の問題もあります。下着は、乳間、そしてバージスラインというバストの周囲もアンダーバストとバストトップ以外もフィッターにはかってもらい、自分の体格に合ったものを選びましょう。夜間もナイトブラが必要です。

バストアップサプリは何が良いの?
そんな疑問を解決するバストアップに特化しているサイトをご紹介
バストアップサプリ選びはコチラからどうぞ
http://school.kyotanabe-steiner.jp/